国連ユースボランティ​ア 活動レポート

フィリピン  木村 茉莉さん
(経済学部 経済政策学科 4年)

2018年1月の活動レポート

2017年10月からフィリピンの国連食糧農業機関(FAO)で活動中の木村さんのレポートです。

Week 13<< 1月2日~1月7日

SDGsキャンペーン
今週は上司がオフィスに不在だったため、自身のプロジェクトであるSDGs(持続可能な開発目標)キャンペーンを中心に取り組む日々でした。
SDGsは国連全体として掲げているものですが、FAO(国連食糧農業機関)であればSDGsと食料や農業、UNICEFであれば、SDGsと子供といったようにSDGをそれぞれの機関の視点から見ると、それぞれが異なった分野、視点からのアプローチを行っていることがわかります。私のSDGsキャンペーンはFAOが行うキャンペーンなので、食料や農業関連のトピックやFAOの使命にも掲げられている[SDGs2 Zero Hunger]がトピックの中心、Zero Hungerの達成にもつながる[SDGs13 Climate Action] などがサブトピックとなるようにキャンペーンを作っていきます。
参考リンク:
SDGsとFAO Philippinesの取り組みに関するパンフレット http://www.fao.org/3/a-i6756e.pdf

国連で働く理由
国連で働いていると、同僚とご飯に出かけることが度々あります。そして、そこでよくあがるトピックとしてなぜ国連で働こうと思ったのか、何が国際協力の世界で働くモチベーションなのかといったことがあります。例えば、「なぜ国連で働こうと思ったのか?」というトピックであれば、同じUNV(国連ボランティア)として働く香港の友人は「Sustainabilityの分野に興味があり、SDGsを掲げる国連に非常に興味を持っていたため」、韓国の友人は「高校生のときに訪れた北朝鮮での体験が忘れられず、平和構築の分野で貢献したい、経験を積みたいと思ったため」と答えてくれます。これらの思いを聞くたびに私も刺激を受け、もっと頑張ろうという気持ちにさせられています。普段働いていると業務に追われ、自分が何をしたかったのか、国連で何を実現したいのかを忘れてしまいそうになることもありますが、これらの話が毎回初心を振り返る大切な機会になっています。


Week 14<< 1月8日~1月14日 NEW!

FAOにおけるコミュニケーション
今週はミンダナオ島にある他のオフィスで働くコミュニケーション担当の方々とコミュニケーションポリシーに関するブリーフィングを行いました(FAOにおけるロゴ等の使用方法に関する説明会のようなもの)。国連ではロゴ1つとっても非常に細かく利用条件やフォーマットが定められていたり、規定の承認プロセスがあるため、FAOにおいてもコミュニケーション担当として働く人すべてに実際にコミュニケーションポリシーに関する説明を聞いてもらい理解してもらう必要があります。

FAOでコミュニケーション担当として働いていて気づくことは、なにかFAOのグッズやパンフレット1つ作るのにもたくさんのプロセスやルールがあり、時にはわずらわしいと思ってしまうこともありますが、それによってFAOの広報の質が担保されているということです。例えば、今週の写真になっているニュースレターを作成するにあたっても、発行予定日の2ヶ月以上前からアウトラインの承認を取ったり、インタビューを用意したりと準備をしなければなりません。また、それだけでなく広報用の写真を加工していても写真の切り取り方や光の具合によって全く相手に与える印象が違うためFAOとして何を相手に伝えたいのか、写真から何を読み取ってもらいたいのかということを考える必要があるということに気づかされます。
(写真:FAOで年4回発行しているニュースレター、すでに次号(3月末発行予定)の作成準備が始まっています)

過去のレポート

■2017年10月
■2017年11月
■2017年12月
■2018年1月<最新レポート>

国連ユースボランティアHOME>>