国連ユースボランティ​ア 活動レポート

カザフスタン  成田 好さん
(社会学部 現代文化学科 3年)

2019年12月の活動レポート

 2019年9月からカザフスタンの国連常駐調整官オフィス(UN RCO)で活動中の成田さんのレポートです。 UN RCOについての紹介はこちらをご覧ください。

Week 11<< 12月1日~12月7日

UN town hall meeting
12月1日の月曜日にカザフスタンのアスタナで働いている国連スタッフに向けたタウンホールミーティングを開催しました。このイベントは下村代表や他の組織の代表によるパネルディスカッションやRCO(国連常駐調整官オフィス)のスタッフによるコーポレーションフレームワークの説明などの国連の仕組みや働きを共有する部分と、クイズやカラオケなど親睦を深める部分で構成されていました。何をどのように進めていくか、自分たちで考えたアジェンダをスタッフの皆が楽しんでいるのを見ることができたのは大きなやりがいに繋がりました。
また、事前の確認は取れていたものの、当日の朝になってデザインしていた写真のためのフレームが届いていなかったり、カラオケを披露するスタッフが参加できなくなるというハプニングがありましたが、UNV(国連ボランティア)の皆に協力を仰ぎ最終的には彼らがパフォーマンスをしてくれたので事なきを得ました。どのイベントでも予測していなかったことが起こることはありますが、ハプニングが起こらないように準備するだけではなく、起こってしまった時に冷静に選択肢として何が残されているのか考え、素早く反応することがとても大切であると学びました。

スタッフへの質問をまとめたビデオ制作
UN Dayで子どもたちに「国連とはどんなものだと思うか」を尋ねたビデオを製作したところ色々な方に面白いと言っていただけたので、今度は身近に働いている同僚がどのような思いで仕事に取り組んでいるのか知りたいと思い、計20人ほどにインタビューをし、UN Staff day に向けたビデオを作成しました。インタビューは思っているより上手くいかず多くの人に恥ずかしいと断られてしまいましたが、私自身恥を捨ててRCOのナショナルボランティアと一緒にすべてのフロアを歩き回りました。結局は多くの協力を得ることができ、スタッフそれぞれの自分の仕事に対する考えや思いがこもったショートビデオを作ることができたと感じています。言語の壁や専門知識がないことでできないこともたくさんありますが、少しでもオリジナリティのある仕事ができるように目指しています。

アスタナで働く国連職員2019
A
いつも助けてくれるUNVの皆と

過去のレポート

■2019年10月
■2019年11月
■2019年12月<最新レポート>

国連ユースボランティアHOME>>