国連ユースボランティ​ア 活動レポート

カザフスタン  成田 好さん
(社会学部 現代文化学科 3年)

2020年1月の活動レポート

 2019年9月からカザフスタンの国連常駐調整官オフィス(UN RCO)で活動中の成田さんのレポートです。 UN RCOについての紹介はこちらをご覧ください。

Week 16<< 2020年1月6日~1月12日

RCO meeting
新年が明けてから初めての出勤日ということでRCO(国連常駐調整官オフィス)のスタッフで集まりミーティングを行いました。昨年から続いている仕事の進捗状況や新年が明けて新たに設定されたスケジュールなどを皆で共有していきました。現在RCOのスタッフが主に担当しているプロジェクトであるCooperation FrameworkはSDGs(持続可能な開発目標)達成を目指し、国連のシステムをより発展させるためにUNDAF(United Nations Development Assistance Framework)よりもさらにエージェンシーを超えた協力を要請される2021年~2025年の指標となっています。さらにEUとの協働でカザフスタンを含む中央アジアの国やアフガニスタンの女性への暴力を撤廃するプロジェクトも動いています。各エージェンシーとコミュニケーションを取りながら、どのように完成させていくのかその工程をミーティングや同僚から直接学ぶことができる貴重な機会を活かして自分なりに学んでいきたいです。

UN75
2020年は国連創設75周年という記念すべき年であるため、UN75に向けてアイデアを集めているところです。全体のテーマとしては“Shaping our future toghther” ということでSDGsの達成への意識を再確認する大切な機会であると考えられています。特にUN75では市民の声に耳を傾ける取り組みが行われているのが印象的で、特設サイトを開くと誰でも自分の意見を共有することができます。UN70の際にどのような催しが行われていたのか、カザフスタンだけではなく世界各国をリサーチしながら、自分のアイデア案を作成していきたいと考えています。このイベントは私が帰国後に開催される予定なので少し残念に思いますが、自分の意見や担当の業務に責任感を持って取り組んでいきたいです。

Week 17<< 1月13日~1月19日 NEW!

Joint SDGs Fundミーティング
このミーティングは主にSDGs(持続可能な開発目標)への協働資金をどのようなプログラムにどこの機関が、どれだけ割り振るのかを話し合っています。今回は事前に行われていたオンラインでの説明をふまえて、理解の共有とそれぞれの組織による意見交換、さらに今後の進め方が話されました。このようなSDGsに関わるものは特に国連全体のものとして組織を超えた協力が必要とされている印象を受けました。それぞれの組織で特定のターゲットや目標があるからこそ互いの経験を生かすために、RC(国連常駐調整官)が中心となって進行していて、ミーティングの中でもSDGs達成のための国連改革の影響があるのだと実感しました。

カザフスタンのテレビ番組によるインタビュー
カザフスタンでUNV(国連ボランティア)として活動している私たちにテレビ番組のインタビューが行われました。普段の業務内容というよりは、どのようにしてこのプログラムに参加したかや日本のボランティアの事情などボランティアに特化した質問が多く聞かれました。2020年はカザフスタンにとって国内のボランティアリズムをさらに向上させていこうという大切な1年であるので、このような機会にここでボランティアとして活動できることはとても光栄に思います。UNではなく、カザフスタンのボランティアに対する広報活動は新鮮でしたが、何を求められているのか相手の立場に立って質問を理解することの重要性は共通していると感じました。

オフィスの移動
活動期間が残り1カ月となってきたところで、新しいコミュニケーションのスタッフを受け入れる準備のため、オフィスを移動することになりました。同じフロアでの移動のためそこまでの変化はありませんが、また一人部屋に戻ることとなったので最後の1カ月を自分の仕事に集中したいと思います!
(写真:新しいオフィスの風景)

過去のレポート

■2019年10月
■2019年11月
■2019年12月
■2020年1月<最新レポート>

国連ユースボランティアHOME>>