卒業生からのメッセージ

立教GLPで学び、現在社会で活躍されている卒業生から、メッセージをいただきました!

「自分」という人間を様々な角度から知る


GLPを受講した結果、「自分」という人間を様々な角度から知ることができました。

授業内では提案内容については勿論、「自分」という個人に対してのフィードバックをもらう機会が多くあります。

その中で自分でも気付かなかった強み弱み等、新たな一面に気付くことができました。この経験は、就職活動での自己分析等にも非常に役立ちました。

なにより、真剣に自分と向き合ってくれた人から貰った言葉は、自身の成長に対するモチベーションになりました。


卒業後の進路として、私は金融機関を選びました。仕事の中では様々な利害関係者が出てきます。その方たちへ「自分に何ができるのか」と主体的に考えて行動していく力はGLPで学んだ大きな財産です。


一方向的な授業を漫然と受けていてつまらないと感じたことはありませんか?

GLPには本気で取り組んでいる人を応援する文化があります。この恵まれた環境に是非飛び込んでみてください。


丸山翔平 法学部国際ビジネス法学科2016年卒 (金融)

スライド1_LI.jpg

挑戦が楽しいと思えるように

GLPを受講して、自信がついて、挑戦が楽しいと思えるようになりました。自分にしか発揮できないリーダーシップが明確になり、まずは何事にも「やってみよう!」と楽しみながら取り組めるようになっています。GLPでの同期・SA・教授は、今でも大切な仲間です。


自信がついたきっかけは、チームからのフィードバック(FB)です。その時は「凄いことが出来そうな気がする」「励まされる」とFBをもらい、本当に嬉しかったことを覚えています。それから、「バイタリティ」を軸に、他者のリーダーシップを取り入れながら自分のリーダーシップを磨いていきました。結果、今の会社では「視野が広い」「初動が早い」「安心して仕事を任せられる」といった評価を頂いています。


GLPを受講することで、自分だけのリーダーシップが見つかると共に、自分の可能性を知ることができます。GLPでの経験は、社会人でも必ず活きます。迷われている方は、気軽な気持ちで、まずは応募してみて下さい!


水口礼子 現代心理学部心理学科 2019年卒(組織開発・人材育成業界)


スライド2.PNG


前のめりに自分で行動してみる意識

私にとってGLPは、学内でもっとも挑戦をさせてもらえる場所でした。何事も恐れず挑戦していく仲間を横目に、自分から行動を繰り返さなくてはいけない環境というのは非常に新鮮であり衝撃を受けました。GLPで得た、”前のめりに自分で行動してみる意識”は卒業にも役立つ大きな糧となっています。


私は卒業後のキャリアとして、自分で起業する道を選びました。元々、大志や野望がある性格ではないのですが、それでも起業しようと思えたのは間違いなくGLPのおかげです。GLPを通してできた仲間とあらゆる挑戦をした経験が、「全力で取り組んだ挑戦はたとえ失敗したとしても、その経験がいくらでも自分の幅を広げてくれる」と教えてくれました。


GLPは、挑戦したくても一歩が踏み出せない人ほど応募する価値があると思います。挑戦するだけならタダですし、たとえ落選しても自分がなにか損をすることもありません。その挑戦はきっとあなたを強くしてくれます。迷ったなら、将来の自分の幅が広がりそうな道を選んでみてはいかがでしょうか。


府川勇介 経営学部国際経営学科2018年卒(旅行、情報・通信


スライド3.PNG


今までの受け身の授業とは全く違った半年

 私は1年生の時、学部や学年関係なく他学生と交流が出来ること、実際に企業の課題解決に関われるという点に惹かれGLPへの応募を決めました。キックオフで参加する学生やSA、先生方の授業への熱量に圧倒されるのと同時に、今までの受け身の授業とは全く違った半年になると確信したのを覚えています。

 実は私はこのGLPを受ける前まではかなり引っ込み思案な性格で、あまり意見を主張するタイプではありませんでした。しかしGLPではチームメンバーや先生からも常に自分の考えを求められ、そしてどんな意見も、先輩も後輩も関係なく真剣に受け止めてくれる環境があります。授業を通してより良いものを作るために自ら発信していくことの大切さを学びました。

 私は現在、不動産業界では比較的新しい分野である中古マンションのリノベーション事業を会社で働いています。仕事ではチームや部署を超えて動くプロジェクトがありますが、GLPで学んだことを生かし、若手ながら積極的に意見を出し、また後輩が遠慮なく発言できる環境づくりを心がけています。

GLPでの経験は社会に出ても役に立つだけでなく、様々な考えを持つ人々と交流することで自分の視野を広げる貴重な機会だと思います。受講するか悩んでいる学生の皆さんには是非挑戦して欲しいと思います。


 

轉法輪 祐希 異文化コミュニケーション学部2018年卒(不動産)


スライド4.PNG