陸前高田プロジェクト

プログラムの概要

 東日本大震災から10年が経過しました。岩手県陸前高田市は、4~5階の高さまで達したといわれる津波の影響で1500名超が犠牲となりました。市では、防災・減災のまちづくり及び「ノーマライゼーション」という言葉のいらない社会の実現に向けて復興事業が続いています。新しいまちの姿が見えながらも、今なお工事は続き、当時の爪痕も残る中で様々な復興事業に取り組んでおられます。市民の方々にとって震災の記憶が薄まることはありません。そして、多くの人に被災地の現状を知り続けていてほしいという思いも持っておられます。
 立教大学では震災以前より長年交流がある岩手県陸前高田市の復興支援に寄与していくことを目的とする課題基盤型学習プログラムを2013年度から開始しました。学生は当時の被災の状況と現状を自身の体験として知り、復興における課題等を市民の方々と共に考える機会とさせていただいています。また、海外の様々な国の大学生と共に取り組むことによって、より広く多様な視点から課題を考え、学んだことや考えたことを国内のみならず海外にも発信していきます。

プログラムの体系

課題基盤型学習プログラム
(PBL : Project-based Learning Program)
身近な問題や事例に関し、具体的な対応を考える実践的学習形態

使用言語:英語
事前研修、現地プログラム、事後研修の3つから構成

プログラムの目的・特徴

◆陸前高田市の被害の状態や復興の取り組み・現状を自身の体験として知る
◆被災地や被災者の抱える復興における課題を共有する
◆海外の大学生も交えた協働作業を通し、広く多様な視点で課題に向き合い、深い思考や発信する力を伸ばす

学習効果

① デザイン思考力、論理的思考力、課題解決能力、プレゼンテーション能力などの実践的な力を身につける
② 専門知識や教養科目の重要性を認識し、今後の学習動機を強める
③ 外国語力や異文化適応力、コミュニケーション力やリーダーシップ力を養う

協働参加大学

スタンフォード大学香港大学シンガポール国立大学立教大学
◆4つの大学による協働プログラム
◆海外の学生との協働作業の中で広く多様な視点で問題を捉えます

スケジュール

2021年度「陸前高田プロジェクト」について、現地研修の実施有無は新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ追って決定予定です。現地研修を行わない場合は、オンラインで実施します。ただし、海外大学生はオンラインでの参加が確定済です。
→現地訪問は行わず、原則オンラインで実施することが決定しました(5/18)

2021年度の募集情報は募集サイトはこちらを参照

5月20日(木)
12:35~13:20
【募集説明会】 オンライン配信
 ※参加申込は立教時間から
6月15日(火)17:00 応募締切
6月中下旬
選考
6月下旬参加者決定
7月10日、8月3日
事前研修
8月26日~9月2日
プログラム実施予定日

過年度の実施報告

過去の関連記事およびニュース

●2021.4.19 「CLOSE UP RIKKYO]に2020年度 陸前高田プロジェクトの活動が紹介されました
●2019.10.11 「CLOSE UP RIKKYO]に2019年度 陸前高田プロジェクトの活動が紹介されました
●2018.11.07 「CLOSE UP RIKKYO]に2018年度 陸前高田プロジェクトの活動が紹介されました
●2017.11.09 「CLOSE UP RIKKYO]に2017年度 陸前高田プロジェクトの活動が紹介されました
●2014.9.5 「2014夏季陸前高田の復興支援 -課題基盤型学習(PBL)プログラム-」を実施しました
●2014.9.10 Rikkyo University Held PBL Program in Disaster-Struck Rikuzentakata
●2014.10.10 2014年春季参加 留学生インタビュー(Rikkyo Close UP)